バラの無農薬での育て方を掲載中!自家生産バラ苗販売のピーキャットが運営するゆうきの園芸ショップ

ピーキャット店のご紹介まずは会員登録をお願いします苗生産の取り組みファンの集い ファックス注文

送料説明 新ピーキャット農場便り
お知らせ
MIX堆肥は川口肥料HPにて販売中


初心者さん必見!失敗しないための3つの大事な事!!【有機の力で育てるバラ栽培1-2】


初心者さんが失敗しないための3つの大事な事

ここにこられた初心者さん!
「ゆうきのチカラで育てるバラ栽培」は、初心者さんにもバッチリ合います。
一緒に頑張りましょう!

その初心者さんに向けて、私や諸先輩からのアドバイス!

言うまでも無く、私や諸先輩の方々は、皆さんより先に失敗を繰り返してきまし
た。
ですから、ここでの話は必ず皆さんのお役に立ちますよ!

ここでは大事な3つのことを挙げておきますね!

つまみ食いは大きな失敗の危険があります

「栽培は一連の流れがあっての栽培!」

巷にはいろいろな栽培方法があります。
そして、その中でいろいろなやり方(方法)が存在しています。
そして、プロが書いたモノもあれば、アマチュアの方が書いたモノも…

どれを信じて、どれを取り入れるかは皆さん次第!
私の栽培方法を取り入れるかどうかも皆さん次第です。

ただ、危険なのは「いろいろな栽培方法の良いとこ取り」をしようとする行為です。

「○○は効果がある!」
「○○するから失敗する!」
ある栽培方法では最適でも、違う栽培方法では大きなリスクになることがあります。

私の栽培方法で言えば、
「自然のサイクルや生態系のバランスを崩すことをすれば大きなダメージになる危険がある!」
「肥料過多は大敵!一時的に良い結果になっても栽培が大きく乱れてくる!」
などが言えます。

土作り、植え込み、水やり、施肥…
これらは栽培では密接に繋がっていて、ちょっとしたことでも栽培が大きく崩れていくことがあるのです。

つまみ食いのしすぎで痛いめに…「カイガラムシが大発生した!」
「花を咲かせる前につぼみが全部落ちた!」
「バラがまったく動かなくなった!」
「ここまで害虫が飛んでくるのは初めて!」

初心者の方の中には、いろいろな情報を知りたいという向上心豊かな方がおられます。
ただ、そういう人が陥りやすいのが「つまみ食いによる失敗」なのです。

「間違えたことしていないのに、書いてることをやっただけなのに…」
この失敗に陥らないためにも、まずはご自分がおこなうべき栽培方法をしっかり習得しましょう!

いきなり苗をたくさん買ってはダメ!

バラ苗屋の私があえて皆さんにアドバイスします!
皆さんがたくさん買ってくだされば儲かるのでありがたいのですが…

「いきなりたくさん買うと後悔するよ!」

まずは私から説明します。

バラ栽培は、ある程度の知識、手間、コストが掛かります。
いきなりたくさん買い揃えて世話を始めると、その大変さに苦痛を感じる方が出てきます。
まずは目が届く、手が届く程度の数本から始めていきましょう。
その上で物足りなさを感じたら増やしていけばよいと思います。

また、安易な地植えは要注意!
ああすれば良かった、ここは違うのを植えれば良かった…
とても多いパターンですね。

次に諸先輩たちからのアドバイスです。

「あのバラが欲しいのに、もう置き場所が無い!」
「新しいバラを買うなら今のバラを処分するしか…でも元気だし処分するなんて…」

バラが増えすぎて、置き場所が無くなる諸先輩たちは栽培スキルが上がって、育てているバラはとても元気!
処分できるバラなんて1つも無いんです。
でも、欲しい品種はまだまだたくさんあって…
限界ギリギリまでなんとか置き場所を確保するも、まさに限界…
「欲しいけどあきらめるしか…」
元気なバラに囲まれ幸せになる反面、欲しいのが買えない苦悩も…

ねっ、諸先輩たち!(笑)

バラって、次から次へと欲しい品種が出てきます。
皆さんそうです。
それと、年々バラの好みが変わることも多いんですよね。

私のアドバイスは、まずは3本程度!
ここから始めて、あとは状況に合わせて増やしていきましょう!

バラの品種は好み優先で!

好きなバラを選ぼう!「初心者にオススメの品種!」
「初心者は育てやすい品種から!」

まあ、気持ちはわかります。
最初に失敗したら、バラ栽培が嫌になるはず!と思われているみたいですから…

でもね、現実はそうでもないです。
意外と初心者の方のほうが失敗していません。
おそらく、しっかり丁寧に栽培されるからだと思います。

他の世界でもそうですが、人って慣れた頃に失敗しますからね。
3~5年ぐらいで大きな失敗をされる方が多いようです。

ですから、「初心者だから失敗する可能性が高い」というのは間違いですね。
少なくとも、当店ではそうです。

ただ、やたらと難しい品種もあることはあります。
それだけ避けてもらえれば、あとはご自分の好みや目的第一で品種選びしましょう!


ページトップへ