バラの無農薬での育て方を掲載中!自家生産バラ苗販売のピーキャットが運営するゆうきの園芸ショップ

ピーキャット店のご紹介まずは会員登録をお願いします苗生産の取り組みファンの集い ファックス注文
新ピーキャット農場便り
送料説明
MIX堆肥は川口肥料HPにて販売中


ゆうきの園芸ショップTOP > 特集・セール・キャンペーン!
冬仕度特集

てんちょーこんにちは!
てんちょーです。

今年の冬越しセミナーの内容を簡単にまとめてみました!
セミナーに参加した方は復習で!ご参加いただけなかった方は、今年の冬越しのご参考にしてください!
機会がありましたら、是非ともオンラインセミナーに参加してくださいね!
セミナーは、うりゃねこさんによる役立つ脱線話も含め、とっても充実した濃い内容になっていますよ。

今年の冬の特徴は?

冬のグリーンアイス冬の到来です!
気温が下がってくれば、いよいよバラも休眠期となりますが、2019年~2020年の冬はどうなるでしょうか!?
今年の冬は長期予報では基本的に気温は高めなものの、急に真冬の寒さが襲ってくることが多くなりそうとのことです。
地球温暖化で気候が例年通りとならない昨今は、カレンダー通りに作業を進めてしまわないことが肝心です。
生き物は体感温度で動いています!
体感温度を大事に作業するようにしましょう!

休眠期までに考えていくこと!

休眠期を迎えるまでにやっておきたいこと、考えていくことをピックアップします!

芽を出来るだけ動かさないようにする

花だけを切る花がら切りは、花「だけ」切り!
良い芽の上すぐで切ってしまうと、芽が伸びやすくなるので、そのようには切りません。
花柄は、花だけを落とすような感じで切ります。
また、枝が寝ているつるバラは、出来るだけ立てておきます。

若いシュートは枝を固める!

シュートが若いうちに休眠期を迎えると、凍結でダメにしてしまうことがあります。
リン酸で伸ばしきるなどしてから冬を迎えましょう。
間に合いそうにない場合は、早めに先端を剪定して伸びを止めておきましょう。

早く植えれば根が伸びるから有利は嘘!

× 早い時期に植え替えると根が伸びて春が有利になる
○ 根は適期・適量伸びるので、早く植えたからといって有利にはならない

バラが休眠する前に植え替え処理などすることは、リスクとなります。
都合で作業を早めるのはかまいませんが、リスクは生じることは理解してください。
巷で言われている、早い時期に作業すると有利というのはデタラメです。

ベストな作業時期は、バラの休眠後です!

(例外)調子の悪いバラはすぐにでも作業開始!

元気のないバラ元気の無いバラ、活性が低いバラは、冬を待たずして植え替えても構いません。
早めにやっていきたい方は、こういうバラから選んで植え替えていきましょう。
ただ、まだ元気いっぱいで花まで咲かせてやろうとしているバラはまだ植え替えないほうが賢明です。
「元気だから大丈夫なのでは?」 いえいえ、せっかく元気に育てたんですから冬支度もバラに任せていきましょう!
有機&無農薬で育てたバラたちはボケていないので、気をつけましょう。

なかなか休眠しないときは?

葉を葉柄でカット「1月でも平気で花が咲いちゃうんですが…」
都市部の気温は年々下がりにくくなっていて、バラがなかなか休眠しないところもあります。
そういう場合は、育てる側が無理矢理休眠させるようにしないとどうしようもありません。
1月中旬になっても葉っぱが落ちない場合は、葉っぱを付け根から切っちゃいます。
「無理矢理休眠」ってことになりますが… これは地球温暖化、ヒートアイランド現象が原因ですから、仕方ありません。
ついている葉を無理に引っ張って取ると、枝の皮まで剥けてしまう事があります。それはとてもバラに良くありません。葉柄の部分でカットしてしまうのが無難です。
残った葉柄は、1週間くらいで落ちます。

今の時期、気をつけたい水やり

今の時期、まだ葉はあるけれどなかなか鉢土は乾きにくくなってきますね。
でも、空気は乾燥しているので、風が少し吹いていたりすると、意外と土が乾いてしまうのもこの頃です。

クリプトマルチの下が湿っていても、実は、もうバラが吸える水は無いなんてこともあります。

鉢の中の水分量は、やはり鉢を持ってみるのが一番です。
乾きやすい指標となるバラを何鉢か決めておくとわかりやすいかもしれません。
乾いていたら、たっぷりのお水をあげてください。

見た目には濡れていても意外と乾いている

冬越し作業の順序

植え替えや土替えが先か、それとも剪定や誘引が先か…

植え替えや土替えが先です。
枝の整理や軽く剪定しておくだけで、本剪定や誘引は土を作って落ち着いてからおこないます。

2月初旬に土のメンテナンスをし、バラが落ち着いた2月中旬頃に剪定しましょう。
これが枝枯れや出開きリスクを避けるコツになります。

地植えのバラのメンテナンス作業の流れとポイント

地植えのバラ1.土作りを始める…前に、まずは綺麗に掃除をする
MIX堆肥を混ぜて、土のメンテナンスを行いますが、その前に古いクリプトマルチを取り除き、土をむき出しにします。ここポイントです。

てんちょー! マルチングのリサイクルについて !

細かくなった古いクリプトマルチは、土に混ぜて分解させても良いです。葉をきれいに取り除けば再利用もできます。ピキャットクリアで洗えば更にグッド!
まだ形の大きい物は鉢植えの土留めに使ったりもできます。

2.MIX堆肥とトリプルバイオを混ぜて、良く水を撒く
バラの周り50cmくらいに、MIX堆肥を3~5cm敷いて表面の土と良く混ぜます。この時、表面の細かい根が切れても構いません。
トリプルバイオも適量投入し、混ぜたり土を被せてバイオが表面に見えないようにします。
その後、良く水を撒きます。良く濡れていないと、せっかく投入したバイオが死滅したり、増えにくくなります。

3.極度に乾燥する場所でなければ、すぐにマルチをする必要はありません
冬場はマルチングはあまり必要ありません。
春の芽出し肥料をやる3月初旬より前、2月下旬頃までに敷いておきましょう。
極度に乾燥する場所や、霜柱が立ちやすいところなどはクリプトマルチをしっかり敷いておけば、多少緩和されます。

4.剪定や誘引は土のメンテナンス後に
つるバラの誘引は1月から、バラの本剪定は2月です。
12月のうちに、寝ているつるバラの枝は、起こしてまとめておきましょう!
土のメンテナンスなども作業がやりやすくなります。
他にも、長めに枝を残して切る仮剪定や、つるバラの場合古い枝の整理などを、誘引や本剪定より先に行っておくと良いです。

鉢植えのバラの植え替え作業の流れとポイント

鉢バラ1.作業しにくい場合は、仮剪定しておく
1m以上も伸びているHTなど、枝が長過ぎて邪魔な場合は本剪定よりも長めに枝を残して切る、仮剪定を行っておくと作業がスムーズです。

2.土の配合は品種に合わせて
ピーキャットでは、鉢植え培養土はMIX堆肥と赤玉土(小粒)を混ぜて、ご自分で作ることをおすすめしています。
原種系などは堆肥の割合を2割程度に少なく、HTなど土のパワーが必要な系統は4割程度にするなど、MIX堆肥の割合を品種に合わせて培養土を作ると、後々栽培が有利になります。

てんちょー! 培養土に肥料は混ぜないで !

培養土に肥料は混ぜません!
肥料を混ぜると、土の肥料濃度が冬の間にどんどん上がり、バラが根焼けを起こし、春の出開きや枝枯れの原因となってしまいます。

3.植え替えのポイント
・植え替えを早くやればやるほど有利ということはありません。
12月から植え替えを行っても大丈夫ですが、決してバラにとって良いことなわけではありません。
バラが開花の頃に、その時から伸びた根は、すでに活動量が少ない古い根になってしまいます。
植え替えは2月頃からがベストです。

・土替えは、基本的に拳で落とし、固まってしまっている土などは、水に溶かして落とします。

・根の整理を行うポイントは、透かし切り。根を短くするだけでなく、全体的に量を減らすような感じにすると、また全体的に根を伸ばす事ができます。

・根が綺麗になったらやっておきたいのは体内洗浄
癌腫が見つかった時だけでなく、黒点病が酷かった株なども、ぜひ体内洗浄しておきましょう。

体内洗浄の方法はこちら

・鉢に植え込む時は、しっかり押さえ込んで!ふわふわの植え方は全く良い事がありません。

てんちょー! 植え替えをしない鉢のメンテナンス !

ピーキャットの鉢バラの植え替えは、2年に1度でも良いとお話ししています。
マメコガネの幼虫や根頭癌腫病、根詰まり、根腐れなどの心配がなければ、植え替えをしなくても大丈夫です。
植え替えをしない鉢のメンテナンスは、
1.上の方に生えている根ごと、上の方の土を取り出す
2.空いたスペースに堆肥とトリプルバイオを入れ、鉢の土と軽く混ぜる
これでOKです!
リバイバルの潅水を定期的に行えば、有機土壌を保てます。

4.本剪定や誘引は植え替え後に
つるバラの誘引は1月から、バラの本剪定は2月です。

有機土壌を作ろう!

有機栽培・無農薬栽培には有機土壌が必須です!
癌腫感染リスクもかなり軽減しますから、しっかり有機土壌を作り、維持していきましょう。
(癌腫苗を地植えしてしまった方には絶大な効果!)

詳しくはこちら(有機の園芸ショップ資材店有機土壌解説ページ)→

ああ、勘違い…を回避しよう!

土に肥料を混ぜてしまう問題

「バラは冬に栄養を貯めて春に向かう!」
これ、実際は起こりません。

バラの冬の立ち姿をご覧いただければおわかりいただけると思います。
栄養が貯まる場所は、

実>>>花>葉っぱ>>根>>>>>枝や幹

実も花も葉っぱも無い状態の冬のバラには、栄養を貯める場所がありません。

樹液にはある程度貯まりますが、これは危険!
栄養を貯める場所は細胞であり、樹液が高濃度になってしまうと枝枯れや出開きの大きな要因になります。

冬に肥料を与えると、根焼けや枝枯れ、出開きの原因になります。
庭やベランダも汚染することになりますので、やめておきましょう。

樹液が出てしまう問題

上の話とも繋がりますが、樹液が出るからバラが栄養をどんどん失ってしまうというのは間違いです!
樹液が出るのは、バラがしっかり水を吸っている証拠で、生育に問題はありません。
数日~数週間もすれば自然に止まります。

ただ、樹液が出たところがカビてしまったりすることがあるので、ピキャットクリアで軽くこすり洗いすると良いです。

冬場にかけて活躍する資材はこれ!

ズバリ、この時期から持っておきたい資材はこちら!

ピキャットクリア

ピキャットクリアで体内洗浄

これはもう言わずもがなですね!
ピキャットクリアは、年中欠かせないアイテムです!
病原菌もあまり活発でないからといって、放置はダメですよ~

冬場は、癌腫病対策の体内洗浄にも使用したり、栽培環境の洗浄などたくさん使う場面が多いので、ローコストでたくさんピキャットクリアを作れる生成セットがオススメです!

トリプルバイオセット

バイオセット

生きた有用菌がたっぷりのトリプルバイオセットを培養土に投入して、有機土壌の土台を支える有用微生物バランスの基礎を作る事ができます。

センチュウ捕食菌や病原菌の捕食菌などが入った微生物資材ですから、土のメンテナンスを行うこの時期には欠かせない資材です。

ピキャット・リバイバル

バイオセット

肥料を与えない休眠前でも、リバイバルの灌水はぜひ続けてください!

そして、バラは冬に休眠しますが、有機土壌に休眠はありません。
微生物の活動は鈍くはなりますが、ピキャットリバイバルを2週間に1度灌水していくことで、有機土壌を維持する事ができますよ。

クリプトマルチ

クリプトマルチ

クリプトマルチは植え替えの時に鉢底で土留めとしても使用できます。
地植えのバラにマルチングするのは、冬の終わりころで構いませんが、極度に乾燥するところは早めに敷いておくのがおすすめです。
また、厚めに敷いておけば、霜柱予防にも多少効果があります。

木酢液

木酢液

木酢液は、ネコブセンチュウ対策に主に活躍します。
根にツブツブがあったらコブをキレイに取り除き、200倍液に1~5分根を浸けます。

また、土作り時に木酢液を流すことで、酢酸成分で残留根腐食を促進し癌腫菌をいつけなくしたりする使い方をします。

MIX堆肥

MIX堆肥は、川口肥料さんのHPで販売中です!
MIX堆肥は川口肥料HPにて販売中

迷ったら、わからなかったら、お気軽に相談室へ!

どうですか?
冬支度は進みそうですか?

よく分からない…、迷っているのでアドバイスが欲しい…何かあれば「何でも相談室」へどうぞ!
お気軽にお問い合わせください。

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全33件)  1/4ページ
1 2 3 4 次へ  最後へ

1件~10件 (全33件)  1/4ページ
1 2 3 4 次へ  最後へ

ページトップへ